コレクション Collection

東京都庭園美術館では、旧朝香宮邸建物公開事業に活用するため、旧朝香宮邸やアール・デコ様式との関連を有する美術品や資料を収集・保管しています。本「旧朝香宮邸関連コレクション」は、東京都庭園美術館が収集・保管している美術品・資料等のデータベースです。

In its quest to put the Former Residence of Prince Asaka to its best possible use, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum is engaged in creating and maintaining a collection of artworks and documents pertaining to Art Deco and the Residence itself. The Collection is a database listing the materials and artworks in the Museum’s collection.

ご利用ガイド/Guide
+ クイック検索- クイック検索を閉じる
作品情報Identification
  • 作品名 Title :

    [20世紀近代装飾芸術百科事典]

    Encyclopédie des Arts Décoratifs et Industriels Modernes au XXeme siécle (Encyclopedia of Modern Decorative and Industrial Arts in the twenty century)

  • 作者 Artist :


    Office Central d'Éditions et de Librarie

  • 制作年 Date :

    1925年
    1925

  • 寸法 Dimensions :

    24×29㎝

  • 収蔵番号 Collection Number :

    2012-0131-01

  • 数量 :

    12

  • 素材技法 :

    書籍(紙、印刷)

  • タグ :

    1920年代 / アール・デコ / 万国博覧会 / / 資料

作品解説Descriptions

1925年に開催されたパリ現代装飾美術産業美術国際博覧会(通称:アール・デコ博覧会)に伴い編纂された公式報告書。「美術・技術編」13巻と「管理編」5巻の2部で構成されており、当館では「美術・技術編」の1~12巻を所蔵する。博覧会の開催後に、博覧会総合委員長のフェルナン・ダヴィッドや、博覧会副委員長と美術部門のディレクターを務めたポール・レオンを中心にまとめられた。
この時の博覧会の出品物は、5群(建築/家具/衣装・装身具/舞台芸術・庭園・街路芸術/教育)に大別される。1巻では博覧会の由来と現代美術の変遷及びプログラムの内容についての説明がなされ、 2~12巻では5群のテーマごとに内容が振り分けられている。各セクションについての文章が綴られ、その後に当該部門の写真やイラストが掲載される構成となっている。
アール・デコ博覧会の全体について総括されており、同博覧会について調査するうえで重要な一次資料のひとつである。

PAGE TOP