メインコンテンツにスキップ

スクールプログラム

東京都庭園美術館では小学生から大学生、教職員を対象にプログラムを行っています。児童・生徒のみなさんが美術館で豊かな体験ができるよう、授業づくりや先生方の研修をサポートします。お気軽にご相談ください。

児童・生徒のための
プログラム(学校団体来館)

とある学校の生徒が授業を受けている様子
プログラム実施の様子
子どもたちが展示品を見ている様子

学校で美術館に来館しませんか。学習目的に合わせて授業の内容を組み立てることができます。通常の開館日に実施する「開館日コース」と休館日の展示室を特別に開室して行う「休館日コース」の2つがあります。ご相談に応じ、学校での出張授業やオンライン授業にも対応します。

  • 事前の打ち合わせをお願いしております。

1.開館日コース

開館日の平日に学校団体での来館を受け入れ、プログラムを実施します。一年を通じて日程を検討することが可能です。ご希望や人数に合わせて、美術館のスタッフが鑑賞の前後にガイダンスなどを行います。

開催日

希望日と調整の上決定。来館を希望する日程候補を展覧会開催中の平日から3日程度お知らせください。

展覧会の年間予定はこちら

  • 土日祝日や展覧会が開催していない期間、休館日に実施することはできません。
  • フラットデー開催日(2023年5月24日、31日、8月9日、11月8日、22日、2024年3月13日、27日 すべて水曜日)は入館人数の制限を行うため実施することはできません。
実施
可能時間

10:00~18:00(滞在時間の目安1~2時間程度)

対象

⼩学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学等

受け入れ人数

最大30名程度(1クラス想定。応相談)

  • 上記人数を超える場合は、クラスごとに時間や日程を分けての来館や「休館日コース」をご検討ください。
申し込み方法

本年度の申し込み受付は終了しました。
随時先着順で受け付けております。原則、来館希望日の1か月前までに必要事項をご記載の上、メールにてご連絡ください。メール受信後、1週間以内に美術館からメールでご連絡します。お急ぎの場合は電話にてご連絡ください。

【申込先】learning@teien-art-museum.ne.jp(東京都庭園美術館 教育普及担当)
【メール件名】スクールプログラム(開館日コース)申し込み
【必要事項】
●学校名、住所、電話番号、FAX番号
●申し込み者のお名前、担当教科、メールアドレス(返信先)
●参加希望日時(第1希望~第3希望)
●来館する児童・生徒の学年、人数、クラス数
●引率教員の人数
●参加の目的
●希望する内容
●当日の来館方法(貸し切りバス[※駐車料金有料]、公共交通機関、徒歩など)
●その他、予め伝えておきたいことなど

プログラムの例

【例1】オリエンテーション(15分程度)→自由鑑賞
マナーや展覧会の概要などを教育普及担当学芸員がお話しします。

【例2】ガイダンス(20分程度)→画像を使ったグループ鑑賞→展示室で自由鑑賞→再集合して気づきや感想を共有
展示室でのマナーや展覧会の概要のほか、楽しく鑑賞するためのポイントや東京都庭園美術館の歴史と建築についてのレクチャーを行います。ワークシートや「さわる小さな庭園美術館」(触る地図)などのツールを利用した活動を行う場合もあります。学習目的に合わせて内容を決定します。

2.休館日コース

休館日の美術館を特別に開室します。貸し切りの環境で、当館の建物や、展覧会の作品とじっくりと向き合うことができます。ご相談に応じて、鑑賞前にトークをしたり、美術館のスタッフと一緒にひとつの作品を見たり、休館日ならではの内容をカスタマイズいたします。

開催日
(令和5年度)
  • 2023年5月29日(月)「建物公開2023 邸宅の記憶」
    申込締切:2023年4月28日(金)17:00

  • 2023年11月27日(月)「装飾の庭 朝香宮邸のアール・デコと庭園芸術」
    申込締切:2023年10月13日(金)17:00

実施可能時間

10:00~16:00(滞在時間の目安1.5~2時間程度)

対象

⼩学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学等

受け入れ人数

最大90名程度(3クラス程度想定。応相談)

  • 上記人数を超える場合は、時間を分けての来館をご検討ください。
申し込み方法

本年度の申し込み受付は終了しました。
各回の申し込み締め切り期日まで先着順で受け付けております。定員に達し次第受付を終了します。メール受信後、1週間以内に美術館からメールでご連絡します。お急ぎの場合は電話にてご連絡ください。

【申込先】learning@teien-art-museum.ne.jp(東京都庭園美術館 教育普及担当)
【メール件名】スクールプログラム(休館日コース)申し込み
【必要事項】
●学校名、住所、電話番号、FAX番号
●申し込み者のお名前、担当教科、メールアドレス(返信先)
●参加希望日(5月29日または11月27日)
●来館希望時間(10:00~16:00のうち1.5~2時間程度)
●来館する児童・生徒の学年、人数、クラス数
●引率教員の人数
●参加の目的
●希望する内容
●当日の来館方法(貸し切りバス[※駐車料金有料]、公共交通機関、徒歩など)
●その他、予め伝えておきたいことなど

内容の例

ガイダンス(15分程度)→画像を使ったグループ鑑賞→展示室で自由鑑賞→再集合して気づきや感想を共有。展示室でのマナーや展覧会の概要のほか、楽しく鑑賞するためのポイントや東京都庭園美術館の歴史と建築についてのレクチャーのほか、ワークシートや「さわる小さな庭園美術館」(触る地図)などを利用した活動を行う場合もあります。学習目的に合わせて内容を決定します。ご相談に応じ、事前の出張授業や、オンライン授業にも対応します。

観覧料について

  • 観覧料金は展覧会により異なります。
  • 小学生以下および都内在住在学の中学生は無料です。
  • 教育活動でのご来館の場合、都内の小・中・高等学校の生徒、およびその引率者は展覧会観覧料が適用となります。申請書が必要です。
  • 都外の中・高等学校の場合は料金がかかりますが、20名以上での来館の場合は団体料金が適応されます。申請書が必要です。
  • バスでご来館の場合は駐車料金(※1台4,000円 税込)がかかります。申請書が必要です。

お申し込みから実施までの流れ

  • メールでお申し込みいただいた場合は、1週間以内に美術館からメールにてご連絡します。お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。来館日時を決定します。
  • 事前の打ち合わせをお願いしております。来館の目的や児童・生徒の様子などをお話いただき、当日の内容を決定します。当日観覧する展覧会の下見と、会場内の動線などもご確認いただきます。ご来館が難しい場合は、お電話やオンラインでも構いません。
  • 展覧会観覧料の免除・団体料金の適用、バス駐車場申し込み等の各種申請書を提出いただきます。来館日時が決定後にご案内します。
  • 事前に学校で行う授業やガイダンスなどで、美術館でのルールや持ち物などをご確認ください。

過去の実施記録(ブログ)

先生のためのプログラム

先生方がプログラムの講義を受けている様子

1.ティーチャーズウィーク

都内の小・中・高等・特別支援学校の先生方を、期間中無料で展覧会にご招待します。美術館での鑑賞授業に向けた研修に、ぜひご活用ください。図工・美術専科以外の教員のみなさんもご参加いただけます。

参加方法

申請書をダウンロードの上、必要事項を明記して来館当日にご持参ください。
申請書は本館入口(受付)にて回収いたします。事前のご連絡やFAXでの申請は必要ありません。

参加申請書(PDF)

開催日
  • 実施時間は開館時間に準じます。
対象

都内の小・中・高等・特別支援学校の先生方
図工・美術専科以外の教員の皆様もご参加いただけます。

2.先生の研修・勉強会

教員による研修会・勉強会の開催を随時受け入れております。鑑賞の授業づくりや、美術館への来館を前提としたプランの作成など、先生方の研修の機会として当館をぜひご活用ください。
原則、開催予定日の1か月前以上前までにお問い合わせください。

スクールプログラムに関するお問い合わせ

東京都庭園美術館 事業係 教育普及担当
TEL:03-3443-0201

お問い合わせ