コレクション Collection

東京都庭園美術館では、旧朝香宮邸建物公開事業に活用するため、旧朝香宮邸やアール・デコ様式との関連を有する美術品や資料を収集・保管しています。本「旧朝香宮邸関連コレクション」は、東京都庭園美術館が収集・保管している美術品・資料等のデータベースです。

In its quest to put the Former Residence of Prince Asaka to its best possible use, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum is engaged in creating and maintaining a collection of artworks and documents pertaining to Art Deco and the Residence itself. The Collection is a database listing the materials and artworks in the Museum’s collection.

ご利用ガイド/Guide
+ クイック検索- クイック検索を閉じる
作品情報Identification
  • 作品名 Title :

    ブレスレット

    Bracelet

  • 作者 Artist :

    バンスラン
    Bancelin

  • 制作年 Date :

    1924年
    1924

  • 寸法 Dimensions :

    2.6×18.6×0.5cm
       

  • 収蔵番号 Collection Number :

    2019-0111-01

  • 数量 :

    1

  • 素材技法 :

    ダイヤモンド、プラチナ

  • タグ :

    1920年代 / アール・デコ / 朝香宮家 / ジュエリー

作品解説Descriptions

フランス・パリの宝飾品店バンスランに注文され、朝香宮家が購入した2本のブレスレットのうちの一つ。同店は、ヴァンドーム広場に面する、サントノレ通り352番地に本拠地を構えていた。購入時の領収書によれば、1924年当時渡欧中であった朝香宮が同店を訪れ、ギリシア風デザインの王冠(ティアラ)やブローチ等を注文、ブレスレットを含む計13点のアイテムを購入している。ブレスレットは、バラのモティーフの間に8つのブリリアント・カットのダイヤモンドがセットされたデザインで、本来は2つセットで販売され、つなぎ合わせてバンドゥー(バンド型のティアラ)としても使えるものであった。こうした多用途に用いることのできる点は、アール・デコ期のジュエリーの特色の一つであった。

文献歴Bibliography

『ジュエリーの歩み100年―近代日本の装身具一八五〇‐一九五〇』東京都庭園美術館、2005年

『エキゾティック×モダン : アール・デコと異境への眼差し』東京都庭園美術館、群馬県立館林美術館、2018年

PAGE TOP