コレクション Collection

東京都庭園美術館では、旧朝香宮邸建物公開事業に活用するため、旧朝香宮邸やアール・デコ様式との関連を有する美術品や資料を収集・保管しています。本「旧朝香宮邸関連コレクション」は、東京都庭園美術館が収集・保管している美術品・資料等のデータベースです。

In its quest to put the Former Residence of Prince Asaka to its best possible use, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum is engaged in creating and maintaining a collection of artworks and documents pertaining to Art Deco and the Residence itself. The Collection is a database listing the materials and artworks in the Museum’s collection.

ご利用ガイド/Guide
+ クイック検索- クイック検索を閉じる
作品情報Identification
  • 作品名 Title :

    花瓶

    Vase

  • 作者 Artist :

    ジャン・リュス
    Jean Luce

  • 制作年 Date :

    未詳
    Unknown

  • 寸法 Dimensions :

    15.0㎝

  • 収蔵番号 Collection Number :

    2010-0325-01

  • 数量 :

    1

  • 素材技法 :

    スモークガラス、酸化腐食彫り、金彩

  • タグ :

    アール・デコ / ガラス

作家解説

■ジャン・リュス(Jean Luce, 1895-1964)
装飾家、ガラス工芸家。パリ生まれ。父親の陶芸スタジオで仕事を始め、1911年からガリエラ博物館で展覧会を行い、1913年からはサロン・ドートンヌと装飾美術家協会のサロンに出品をした。1923年には、自らのスタジオと店舗を開き当初は透明なエナメルで表面に装飾を施していたが、1924年からはサンドブラストを用いた装飾を行うようになる。抽象的な幾何学模様や様式化された植物の装飾を得意とし、好んで黒い鏡面ガラスを制作に用いた。1925年及び37年の博覧会にも参加し、ノルマンディー号の陶磁器やガラスの制作にも関わると、彼の制作したモデルは多くの客船に用いられた。

PAGE TOP