コレクション Collection

東京都庭園美術館では、旧朝香宮邸建物公開事業に活用するため、旧朝香宮邸やアール・デコ様式との関連を有する美術品や資料を収集・保管しています。本「旧朝香宮邸関連コレクション」は、東京都庭園美術館が収集・保管している美術品・資料等のデータベースです。

In its quest to put the Former Residence of Prince Asaka to its best possible use, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum is engaged in creating and maintaining a collection of artworks and documents pertaining to Art Deco and the Residence itself. The Collection is a database listing the materials and artworks in the Museum’s collection.

ご利用ガイド/Guide
+ クイック検索- クイック検索を閉じる
作品情報Identification
  • 作品名 Title :

    射手

    Archer

  • 作者 Artist :

    ジャン・デュパ
    Jean Dupas

  • 制作年 Date :

    1931年
    1931

  • 寸法 Dimensions :

    95×53㎝
    1

  • 収蔵番号 Collection Number :

    2013-0318-01

  • 素材技法 :

    紙、パステル

  • タグ :

    1930年代 / 絵画 / アール・デコ

作家解説

■ジャン・デュパ(Jean Dupas, 1882-1964)
アール・デコを代表する画家の一人。ボルドー市立美術学校でポール・カンザック、後にパリ国立美術学校でガブリエル・フェリエの元で絵画を学ぶ。1909年よりサロンに出品。1910年、ローマ賞受賞。 12年よりヴィラ・メディチに滞在。カロリュス=デュラン、アルベール・ベルナールに学ぶ。第一次世界大戦中は一説ではボルドーで陸軍の耳鼻咽喉科医助手をしていた。戦後に再びローマに戻り、サロン・デザルティスト・フランセと装飾美術家協会サロンに作品を送った。
1925年のアール・デコ博では、「コレクター館」大サロンに《インコ》が飾られ、「ボルドー館」には4人の画家による壁画の一枚、高さ3メートルで幅8メートルの《ブドウとワイン》(現在、ボルドーのアキテーヌ博物館蔵)を担当したほか、「羊毛宮」にも作品を提供している。
1927年完成の客船イル=ド=フランス号では、リュールマンが担当した一等ティー・ルームに19世紀の小説家ジェラール・ド・ネヴァルの作品に触発された壁画《シルヴィ》を描いている。1935年完成のノルマンディー号では、床面積700㎡もの一等大サロン壁面を漆とガラスのパネルによって埋めつくすデザインを発案。漆はデュナン、ガラスはジャック=シャルル・シァンパヌールが制作した。
このほか、パリのサン・テスプリ教会やボルドーの勤労会館ほか、フレスコによる壁画も数多く手がけている。1933年にはロンドン地下鉄のポスター、パリのマックス毛皮店やニューヨークの高級百貨店サクス・フィフス・アヴェニューの広告、ヴォーグ誌ハーパース・バザー誌など、イラストレーターとしても活躍した。1926年レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。1941年芸術アカデミー会員となっている。第二次大戦後はパリ国立美術学校で教鞭をとり、後にマルモッタン美術館の学芸員を勤める。デュパの死後すぐに彼のスタジオが焼失してしまったために、多くの作品や資料が失われた。

作品解説Descriptions

ヤシの木を中央に据え、マントを羽織い弓を持つ男性と、木陰に横たわるしtろいドレス姿の女性が描かれたエキゾティックな作品。ヤシの木には南国風の色鮮やかな鳥が留まり羽を休めている。
デュパの作品には、同ポーズの人物がたびたび登場する。これは作家自身が語っているように、画面を構成することを重視したためである。ヤシと寝そべった女性の組み合わせは、ニューヨークの高級百貨店サクス・フィフス・アベニューの雑誌広告にも見られる。

文献歴Bibliography

『幻想絶佳:アール・デコと古典主義』東京都庭園美術館、2015年。

PAGE TOP