トップ開催予定の展覧会 < 交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

国やジャンルを越えた共鳴から生まれる、いくつものモダンの形

1910年代から30年代は、西欧を中心に日本を含む世界各地で様々なモダンの形が現われた時代でした。

機能主義に基づく「モダニズム」は、いまなお当時の中心的な動向とみなされていますが、一方で、大衆消費社会が進展したこの時代は、常に新しくあるために装飾することに価値が置かれた、儚き「モダニティ」の時代でもありました。実際、この対立的に捉えられることの多い二つの「モダン」はいくつものモダンの形をうちに含み、それらは複雑に関係しながら濃密な時代を作り上げていたのです。

当時の作家たちは、時間差なく情報を共有し、国やジャンルを越えて同期し合い、その範囲は、絵画、彫刻から、家具、食器、洋服、さらにそれらを収める建築や都市まで、いわば、私たちの生活空間、身体活動全般におよんでいます。

ウィーン工房は、フランスのファッションデザイナー、ポール・ポワレと刺激し合い、一方で、ロベール・マレ=ステヴァンなど同国のモダニストにも影響を与えました。その生活全般への眼差しはまた、日本の森谷延雄や斎藤佳三にも共有されるものです。同時性絵画で知られるソニア・ドローネーはファッションの仕事に専心し、ルネ・エルブストらモダニストは都市を彩るショーウィンドウデザインに大きな関心を払いました。そして、バウハウスでは女性作家が織物に新たな光を当て、また同校を離れた作家たちが、ブルク・ギービッヒェンシュタイン美術工芸学校を舞台に応用芸術教育に取り組むことになります。

1914年に勃発した人類史上初の世界大戦が象徴するように、この時代の最大の出来事は世界が一気に同期したということでした。その急速に変化する社会のなかで、作家たちがときに交わり、共鳴しながら探求したいくつものモダンの形を紹介します。

展覧会特設Instagramのアカウントはこちらから

function_and_decoration >>

作品の紹介や準備の裏話など、ここだけの特別な情報を発信しています。

展覧会基本情報

展覧会名

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

会期

2022年12月17日(土)–2023年3月5日(日)

会場

東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
ハローダイヤル 050-5541-8600

休館日

毎週月曜日(ただし1/9は開館)、年末年始(12/28-1/4)、1/10

開館時間

10:00–18:00(入館は閉館の30分前まで)

観覧料

オンラインによる日時指定制です。
ご購入・ご予約はこちらから

チケット料金表
一般 当日1,400円 団体(1,120円)
大学生(専修・各種専門学校含む) 当日1,120円 団体(890円)
中学生・高校生 当日700円 団体(560円)
65歳以上 当日700円 団体(560円)

*( )内は団体料金。団体は20名以上(事前申請が必要)
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料(手帳の提示をお願いします)
*教育活動として教師が引率する都内の小・中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
*シルバーデーおよび家族ふれあいの日の割引については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当面の間休止としております


主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

特別協力

東京国立近代美術館、東京藝術大学、ミサワホーム株式会社

協力

日本航空、ヤマト運輸株式会社

助成

一般財団法人地域創造

年間協賛

戸田建設株式会社
ブルームバーグ L.P. Bloomberg
Van Cleef & Arpels



カタログ

『交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー』展
公式図録

本展会期中当館ミュージアムショップ、書店にてお求めいただけます。
価格:定価:3300円(税込)
出版者:赤々舎
判型:A4判
ページ数:344 ページ
各種専門家の多彩な論考を収録し、400点を超える豊富な作品図版を掲載した大ボリュームの一冊です。

展示構成

  • Chapter1:1900-1913

    1-1 ドイツ応用芸術とウィーン工房の転換期

    1-2 ポール・ポワレとウィーン工房

    1-3 ポール・ポワレとフランスファッション

    1-4 フランスにおける室内装飾の新傾向

  • Chapter2:1914-1918

    2-1 ダゴベルト・ペッヒェと大戦期ウィーン工房

    2-2 フランツ・チゼックとウィーン美術工芸学校

  • Chapter3:1919-1925

    3-1 女性作家たちのウィーン工房

    3-2 日本における生活改善運動

    3-3 フランスにおける新旧室内装飾

    3-4 戦後フランスファッションの展開

    3-5 都市芸術 通りの芸術

    3-6 装飾と抽象

    3-7 初期バウハウス

  • Chapter4:1926-1938

    4-1 デッサウ以降のバウハウス

    4-2 バウハウスから離れて

    4-3 UAM:フランスのモダンデザイン

    4-4 ファッションのモダニズム

    4-5 日本におけるモダンデザインの動向

関連プログラム

  • 会期中に開催されるプログラムは随時追加される予定です。
    詳細は決まり次第、こちらのページでお知らせします。

  • 映画上映「人でなしの女L'Inhumaine」

    アール・デコ期のフランスを舞台に、建築家のロベール・マレ=ステヴァン、家具デザイナーのピエール・シャロー、服飾デザイナーのポール・ポワレら多数の前衛芸術家が参加した伝説的モダニズム映画を上映。

    上映日:会期中、ギャラリー2にて各日3回上映

    時 間:各回123分
    〈第一回〉10:30~
    〈第二回〉13:00~
    〈第三回〉15:30~

    申 込:不要。ただし混雑時は予め入場者数を制限させていただくことがございます。

    参加費:無料。ただし当時の展覧会チケットが必要。

    ※都合により上映場所等が変更になる場合がございます。予め当館ウェブサイト及び公式SNSをご確認の上ご来館下さい。

  • 事前申込制定員を超過した場合には抽選

    障害のある方対象
    「アート・コミュニケータとめぐる庭園美術館」

    アート・コミュニケータと一緒に展覧会をめぐる90分間のツアーです。休館日に行うので、まわりに気を遣わずゆっくりとお楽しみいただけます。作品やアール・デコ様式の建物を前に語り合いながら、濃密なひとときをお楽しみください。

    開催⽇:2023年2月27日(月)

    時 間:〈午前の部〉 10:30〜12:00
    〈午後の部〉 13:30〜15:00

    申込期間:2023年1月6日(金)10:00 ~ 1月19日(木)17:00

    対象・定員:身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方
    各回10名とその介助者(1名まで)

    参加費:無料

    お申し込み・詳細はこちら

  • 事前申込制定員を超過した場合には抽選

    ベビーといっしょにミュージアムツアー

    「小さい子供と一緒に美術館に行って大丈夫?」「いつもと違う場所にお出かけしたい」
    そんな赤ちゃんと暮らすご家族のみなさんにおすすめのツアー。アート・コミュニケータが館内の移動をサポートしながら一緒に展覧会をまわります。普段はベビーカーではお入りいただけない本館も、この日は特別にベビーカーのままご入館いただけます。

    開催⽇:2023年1月30日(月)

    時 間:11:00~12:00(受付開始:10:30)

    申込期間:2022年12月27日(火)10:00 ~ 2023年1月6日(金)17:00

    対象・定員:ベビーカーに乗る年齢・月齢の赤ちゃんとその保護者10組(保護者は2名まで)

    参加費:無料(※別途、展覧会観覧料が必要です)

    お申し込み・詳細はこちら

  • image
    1
  • image
    2
  • image
    3
  • image
    4
  • image
    5
  • image
    6
  • image
    7
  • image
    8
  • image
    9
  • image
    10
  • image
    11
  • image
    12
  • image
    13
  • image
    14

1.アトリエ・マルティーヌ/ロジーヌ《香水瓶「本物のオー・デ・コロン」》1912年頃|海の見える杜美術館
2.ジャンヌ・ランヴァン《ドレス「ローブ・ド・スティル」》1926ー27年|京都服飾文化研究財団
3.ヨーゼフ・ホフマン《センターピース・ボウル》1924年|個人蔵
4.ピエール・シャロー《フロア・スタンド「修道女」》1923年|東京国立近代美術館
5.ポール・ポワレ《ガーデン・パーティ・ドレス》1911年|島根県立石見美術館
6.ピエール・シャロー「ホール」『フランス室内装飾』1925年|豊田市美術館
7.マルガレーテ・ハイマン=マルクス《ティーセット》1930年|宇都宮美術館
8.アンドレ・グルー(デザイン)、マリー・ローランサン(絵付)、アドルフ・シャノー(制作)《椅子》1924年|東京都庭園美術館
9.エドゥアール・ベネディクトゥス『ルレ』1930年|東京都庭園美術館
10.ジャン・デュナン《コンパクト、タバコ入れ、バックル》1925年頃|京都服飾文化研究財団 畠山崇撮影
11.リリー・シュルツ《茶筒》1928年頃|宇都宮美術館
12.マルセル・ブロイヤー《クラブチェアB3(ヴァシリー)》1925年|豊田市美術館
13. グンタ・シュテルツル《テキスタイルデザイン:絨毯》1929年頃|株式会社ミサワホーム © VG BILD-KUNST, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2022 B0612
14. 斎藤佳三《「想ひを助くる部屋」飾窓》1927年|東京藝術大学