メインコンテンツにスキップ

庭園の四季シリーズ「紅葉をめぐる秋のガーデンツアー」

活動報告ブログ

2023年11月28日(火)と29日(水)に、紅葉をめぐる秋のガーデンツアーを実施しました。前年度も多数のご応募をいただいた人気のガーデンツアーですが、今年はとくに「秋の庭園」にスポットを当てた内容にしました。

実は庭園美術館の公式SNS上では、今年度から「庭園の四季シリーズ」と題して、その季節ならではの庭園の様子を伝えるコーナーを行っています。

四季の移ろいの中でも、最も美しい「秋」の様子を、邸宅時代のエピソードや庭園の草花の小話を交えて、リアルツアーを開催しようと企画した本イベント。

今年、開館40周年を迎えた当館では、その記念として「ガーデンマップ」も刷新しました。より詳しい草花の情報や、見ているだけで楽しくなるようなデザインに改訂したガーデンマップを活用しながら、ご参加の皆さまと庭園の隅々まで見て周りました。

これまでのガーデンマップから大きく変わった点として、本館や新館の建物外観の細部まで描写し、さらに新館の裏手にある駐車場エリアまでマップの範囲を広げました。今回のツアーでは、そういった新たに加えられた駐車場や中庭、自動車庫や倉庫を含めて周ることにしました。

ツアーは5つのエリアに分けて行い、職員がツアーガイドとしてご案内しました。それぞれ日々の業務の中で培った知識や経験を交えて、ご参加の皆さまと一緒に庭園を鑑賞しました。

本ツアーでは、特別に本館の中庭を開放して、ご見学いただきました。こちらの中庭は、普段は文化財保護の観点から、非公開エリアとなっています。

中央にある池は、戦時中に施主である朝香宮鳩彦王の指示により増設したものです。池の周りに生えている大きな木はプラタナスです。

ツアー当日は車椅子でご参加の方もいらっしゃいましたが、当館の庭園には、「バリアフリー園路」というものを設けていて、庭園内のほぼすべての場所をめぐることができます。

ベビーカーも同様に、こちらのルートをご活用いただくと、段差なくスムーズに回遊することができます。ぜひ当館にお越しの際は、ガーデンマップに示してある情報をご参考にしてみてください。マップをみる

さて、例年紅葉が見ごろとなるのは、11月下旬から12月初旬にかけてでしたが、今年は少し色づきが遅かったようです。 ガーデンツアーを実施した際も、色づきは6、7割というところでした。一足先に秋をめぐるツアーとなりましたが、これから春に向かうにつれて、ツバキやウメの花が見ごろを迎えます。

ぜひ、庭園の四季折々の様子を見にいらっしゃってください。

日時第1回 11月28日(火) 14:00~15:00
第2回 11月29日(水) 14:00~15:00
※両日ともツアー内容は同一となります。
場所東京都庭園美術館 庭園
※雨天決行(当日の天候により一部内容が変更になることがあります)
募集人数各回10組20名(事前申込制・先着順)
参加費無料(ただし、展覧会チケット又は庭園入場料が必要です)
執筆:斉藤音夢(東京都庭園美術館 広報担当学芸員)