• twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
image※これらは発掘された楽浪漆器にあしらわれていた熊を小場恒吉が模写したものです。
Exhibition related Program

講演会「踊りだす熊―脱亜入欧でもなく、アジアはひとつでもなく

福沢諭吉が唱えた「脱亜入欧」、岡倉天心が唱えた「アジアはひとつ」、
そのどちらでもない道に、1910年代以降の日本美術は進みだしたのではないか。
この視点を軸として「アジアのイメージ」展企画者による講演会を開催いたします。

日時:2019年11月2日(土)14:00~

会場:東京都写真美術館ホール(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
※会場は東京都庭園美術館ではございませんのでご注意ください。

講師:樋田豊次郎(東京都庭園美術館館長)

定員:190名
参加費:無料

申込方法:
事前予約、先着順
以下の申込フォームに必要事項を記入してお申込み下さい。


お問合せ先
東京都庭園美術館 事業係「アジアのイメージ」展 講演会担当
Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228
E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp

  • 関連展覧会

    アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」
    2019年10月12日(土)– 2020年1月13日(月・祝)

  • 講師紹介

  • image

    東京都庭園美術館館長 樋田豊次郎

    1950年生まれ。1979年より東京国立近代美術館工芸館に勤務。2007年に秋田公立美術大学理事長及び学長に就き、16年から東京都庭園美術館館長。日本ならではの造形芸術として「工芸」の再評価を試みてきた。主な展覧会は「ヨーロッパ工芸新世紀」(1997)、「工芸の領分」(1994)等。著書は『明治の輸出工芸図案-起立工商会社工芸下図集』(1987)、『工芸の領分-工芸には生活感情が封印されている』(2006)他多数。



講演会「踊りだす熊―脱亜入欧でもなく、アジアはひとつでもなく」への参加申込

講演会に参加ご希望の方は、下記の情報をご入力ください。がついている項目は必須項目となります。
本フォームで2名様まで申込できます。

お名前
ふりがな
メールアドレス
2名お申込の場合は、どちらかが代表してご登録をお願いいたします。
代表者名

メールアドレス

*Yahoo!メール、Gmailなどのウェブメールをご利用の場合、お送りするメールが迷惑フォルダに入ってしまう場合があります。
大変お手数ですが、メーラーの設定をご確認ください。

電話番号もしくはFAX番号
(昼間につながる連絡先)
その他、美術館への連絡事項など
記録撮影の承諾

*お申込みが定員に達し次第締め切らせていただきます。
*お申込みいただいたあと、自動返信メールをお送りします。自動返信メールが届かない、または、お申込みいただいてから4日を過ぎてもプログラムの詳細をお知らせするメールが届かない等の場合は、通信トラブルの可能性がありますのでお電話でお問い合わせください。
*お申込みの際にご記入いただくメールアドレス・電話番号等の個人情報は、お申し込みいただいたプログラムに関する連絡事項等を、当美術館からお伝えするために使用させていただきます。その他の目的に使用することはありません。
*プログラムの様子は、当館の活動記録のために撮影させていただきます。活動紹介や広報活動として、ウェブサイトやSNS、印刷物などに使用することがありますので、ご了承ください。

PAGE TOP