• twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン

ここクリエイション

左:『雨を乞う』(2014年)より Photo: Ryo Mitamura
右:2015年「透明になるためのプラクティス」東京都庭園美術館

Learning Program   

ここクリエイション「透明になるためのプラクティス」
東京都庭園美術館は、本館(旧朝香宮邸)、新館、庭園と、それぞれ全く性質の異なる空間を有しています。展覧会やプログラムを作る時、私たち美術館が大切にしているのは、この空間性です。
「この場・この空間」を感じ取り、場所と自分との関係性を創りだしていくトレーニング――それが、東京都庭園美術館の新しいラーニング・プログラム「ここクリエイション」です。「ここ」という場所と「co-creation(共創)」するこのプログラムに、ぜひご参加ください。

東山佳永
「家と美術館、日常と非日常、あの世とこの世も。

切り離せないもの、本当は含まれていること。

いつの間にか引いてしまった線を越えてみる。

意識と身体を軽やかに動かし、行き来して

"あいだ"に立って、透明になる。

澄んでいく心で、ここにいる精霊たちに気付けるように。」

東山佳永

 

今年度も昨年度に引き続き、「透明になるためのプラクティス」を実施します。
閉館後の旧朝香宮邸の部屋でたった一人過ごす時間、80年前の音に耳を澄ます時間などを経て、アーティストと一緒に表現活動(造形、演奏、身体表現)を行います。自分の身体や心の状態を意識し、身を置いている空間や状況をより純粋な状態で受け取れるようにすること―その状態をこのプログラムでは「透明」と呼んでいます―を目指すプログラムです。

 

全4日間のプログラム

1日目   2016年 9月10日 (土) 17:00~20:00
2日目     9月24日 (土) 17:00~20:00
3日目     11月5日 (土) 13:00~16:00
4日目     11月19日 (土) 15:00~19:00

会場:東京都庭園美術館(集合場所などは、参加者の方に別途ご連絡します)
講師:東山佳永(芸術家)

対象・定員:高校生以上 4日間とも参加できる方対象 15名(表現活動の経験の有無は問いません)
参加費:4回分6,000円

申込方法:
お申込みは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


昨年のプログラムの様子

  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子
  • 昨年のプログラムの様子

お問合せ先
東京都庭園美術館 事業企画係 ラーニング・プログラム担当
Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228
E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp

  • 講師紹介

    東山佳永(とうやま かえ)

    空間をしつらえる作家/その時間に存在する踊り手
    動きや言葉を編み、物語を生む。
    幼少時より動きの軌跡、身体の線の美しさに目覚め、踊りを始める。
    土地や場所の声を汲み、状況/情景を構成し時空間を設える。
    分野やものごとの隔たりを溶かすような活動で独自のスタイルを築き、あいちトリエンナーレ2013、中之条ビエンナーレ2015、唐櫃美術館2016などの芸術祭や企画に出品。
    こどもや大人へのWS、舞台映像出演、詩や物語の執筆や朗読も。
    2016年度より、横浜を拠点とし、大倉山にて小学生の放課後の時間を創造する「まちの寺子屋」を企画運営する他、東京都内4つの幼稚園保育園で継続的なWSを行うなど、アーティストとして日常的にこどもたちとの関わる取り組みをしている。
    http://touyamakae.net/

    東山佳永
    Photo: Chihaya Kaminokawa

  • 昨年のプログラム受講者の感想
    (アンケートより)

    ―美術館が感覚的にはすっかり「自分の場所」となっています。

    ―普段は隠してしまう感情が自然に発散されていたように思います。

    ―閉館後の静まり返った美術館で、参加者のみなさんが選んだ部屋で思い思いに踊っていたあの瞬間に、精霊が確かにいる・・・と思いました。通常の鑑賞では感じ取れない深さまで空間の美しさを感じることができ、自分の中から湧き上がってくる動きやイメージがあることも体験できました。

    ―大人の世界は表現にも技術や経験が先行する。あの場にいた皆は大きな子どもになっていた。あの体験をもっともっと、日常でもしていきたい。

PAGE TOP