トップ開催予定の展覧会 < エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
エキゾティック×モダン

両大戦間期のフランスに花開いたアール・デコ。この時期に盛んとなった非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会いは、アール・デコの美意識と造形に大きな影響を与えました。1909年の登場から、瞬く間にパリを席巻したロシア・バレエと1925年にアメリカから渡り、時代のアイコンとなったダンサー、ジョゼフィン・ベイカー、1922年のツタンカーメン王墓の発見、自動車メーカーのシトロエンが行ったアフリカ縦断プロジェクト「クロワジエール・ノワール」とアジア横断プロジェクト「クロワジエール・ジョーヌ」、そして1931年開催のパリ国際植民地博覧会など。様々なトピックが、両大戦間期のパリを賑わせました。

この時代に美術家/デザイナーたちは遠い地のどのような造形に注目したのでしょうか。いち早くその価値に目を向けたのはファッションの分野でした。パリ随一のファッション・デザイナーであったジャック・ドゥーセは、ピカソら前衛美術家たちのパトロンでしたが、同時にアフリカ美術の造形にも革新的価値を見いだしました。ポール・ポワレは中近東風の衣装による夜会「千二夜」を開くなど、その非日常性に着目し、色彩やスタイルの刷新につなげました。ジャポニスム、あるいはより広くアジアへの関心は、あらたにモダニティーへの触媒として、再解釈されました。そこには、建築家で、デザイナーのアイリーン・グレイや装飾美術家ジャン・デュナンらに漆を教えた菅原精造や象牙彫刻家ウジェニー・オキンら日本人美術家の存在もありました。

展覧会では、アフリカやアジアに取材したダイナミックな絵画、彫刻を含め、30年代美術館、装飾美術館、モビリエ・ナショナルなど、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心にした約85点を紹介します。

 

展覧会基本情報

展覧会名:

エキゾティック×モダン
アール・デコと異境への眼差し

会期:

2018年10月6日(土)〜 2019年1月14日(月・祝)

会場:

東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
ハローダイヤル 03-5777-8600

休館日:

第2・第4水曜日(10/10、10/24、11/14、11/28、12/12、12/26、1/9)および年末年始(12/28-1/4)

開館時間:

10:00–18:00 (入館は17:30まで)
*11/23、11/24、11/30、12/1、12/7、12/8は、夜間開館20:00まで(入館は19:30まで)

観覧料:

  当日 前売・団体
一般 当日1,200円 前売・団体960円
大学生(専修・各種専門学校含む) 当日960円 前売・団体760円
中学生・高校生 当日600円 前売・団体480円
65歳以上 当日600円 前売・団体480円

*前売り券e+(イープラス) http://eplus.jpにて販売いたします。
*団体は20名以上。
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
*教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
*第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。

 

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、読売新聞社、
美術館連絡協議会

協賛:

ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

協力:

日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG

後援:

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
日仏会館・フランス国立日本研究所

年間協賛:

戸田建設株式会社

東京都MAIRIE DE PARISINSTITUTE FRANCAISTANDEMTokyo Tokyo FESTIVAL日仏交流150年アンスティチュ・フランセ

展覧会の見どころ

  • アール・デコの多様なイメージソースを探る、第二弾
    2015年に開催した『幻想絶佳:アール・デコと古典主義』展では、朝香宮邸の内装デザインを手がけたアンリ・ラパンのスタイルを出発点に、両大戦間期のフランスにおける「伝統への回帰」の潮流、博覧会や豪華客船の内装で活躍した美術家たちを紹介することで、従来のアール・デコのイメージとは異なる視点を投じました。
    本展では、アール・デコのイメージソースに着目するというアイデアを継承し、当時のフランスであらゆる分野において美意識や造形に大きな影響を与えた「エグゾティスム」をテーマとします。絵画、彫刻からファッションまで、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心にした約85点により、知られざるアール・デコの魅力をご紹介します。
  • 未知との出合い―当時のパリの熱気を感じる
    創作のインスピレーションとなった同時代の関心や熱気はどこからきたのでしょうか。アメリカからパリに渡り、魅惑的な肢体とダンスで瞬く間に時代のアイコンとなったジョゼフィン・ベイカー、1922年のツタンカーメン王墓の発見、シトロエンが主宰したアフリカとアジアふたつの横断プロジェクト、そして1931年に開催されたパリ国際植民地博覧会…当時のパリを大いに賑わせたこれらの“エキゾティック”なトピックは、多くの人々にとって初めて、異なる文化圏の人々や文化と出合うきっかけとなりました。
  • EXOTIC×MODERN モダニティーへの触媒
    既存のイメージにとらわれない自由な造形、色彩、様々な美意識のハイブリディティには、多くのデザイナーや美術家たちが革新的な価値を見出しました。その発見こそ、当時のモダニティへの触媒となったといえます。これらの表現や他者に対する同時代の人々の関心は、現代に生きる私たちの目にもまた、新鮮に映ることでしょう。

関連プログラム

*事前予約プログラムは開催1ヶ月前頃より本ウェブサイト上で予約受付開始
*各プログラムの詳細は本ウェブサイトで随時お知らせします。

  • 講演会

    [事前申込制]

    2018年10月20日(土)14:00-

    登壇者:ドミニク・ジャラセ
    (美術史家、
    ミシェル・ド・モンテーニュ=ボルドー第3大学教授)

    会場:新館ギャラリー2

    定員:120名

    仏語・逐次通訳あり

    参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

  • トーク

    [事前申込制]
    2018年11月3日(土)14:00-

    登壇者:フローラン・ダバディー
    (スポーツ&文化ジャーナリスト)

    会場:ギャラリー2

    定員:120名

    参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

  • 講演会

    [事前申込制]

    2018年11月10日(土)

    登壇者:天野知香(美術史家、お茶の水女子大学教授)

    会場:ギャラリー2

    定員120名
    参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

  • ギャラリートーク

    [事前予約不要]

    当館インターンによるギャラリートーク

    2018年11月9日(金)、11月19日(月)、12月7日(金)

    15:00-
    参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

上段左から:■ヴァン クリーフ&アーペル《ターバン留めのブローチ》1924年頃、Van Cleef & Arpels ■ピエール=エミール・ルグラン《アフリカの椅子》ジャック・ドゥーセ旧蔵、1924年頃、Musée des Arts décoratifs, Paris ©MAD, Paris / Jean Tholance ■エミール=アドルフ・モニエ《ゴンベレ》1930年頃 Centre national des arts plastiques Musée des années 30 / Espace Landowski © droits réservés / CNAP / photo : Musée des années 30 / Espace Landowski/Mairie de Boulogne-Billancourt ■ヴィクトル・デムール《1931年パリ国際植民地博覧会》1931年、×△◯ BA-TSU ART GALLERY
下段左から:■ポール・ジューヴ《野営するトゥアレグ族》1938年、Ville de Boulogne-Billancourt, Musée des Années 30 © Musées de la Ville de Boulogne-Billancourt ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1378 Photo : Philippe Fuzeau ■マルセル・ショーメ《ペルシア風装飾のシガレット・ケース》1930年頃、Collection Chaumet Paris ■マン・レイ《黒と白》1926年、東京都写真美術館蔵 ©MAN RAY TRUST / ADGAP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1361 ■ジャン・デュナン《球型花瓶(緑、黒)》1925年頃、東京国立近代美術館蔵

ページ上部(左上から時計回りに): ■ヴァン クリーフ&アーペル《中国風の卓上時計》1930年、Van Cleef & Arpels ■フランソワ・ポンポン《シロクマ》1923-33年、群馬県立館林美術館蔵 ■ジョゼフ・ショーメ《パウダー・コンパクト》1925年頃、Collection Chaumet Paris ■マルセル・ショーメ《ペルシア風装飾のシガレット・ケース》1930年頃、Collection Chaumet Paris ■ルイ・ブーケ《ブラック・アフリカ》1931年、Ville de Boulogne-Billancourt, Musée des Années 30 © Musées de la Ville de Boulogne-Billancourt Photo : Philippe Fuzeau ■ポール・ポワレ《ローブ》藤田真理子・ポール・ジュリアン・アレキサンダー蔵 ■ルネ・プルー《肘掛け椅子》1933年、Collection du Mobilier national © Isabelle Bideau ■ヴァン クリーフ&アーペル《中国風の風景のラペル・ウォッチ》1924年、Van Cleef & Arpels

PAGE TOP