• twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン

image

Performsnces & Events  

茶室ワークショップ「こども茶会-おもてなしの心」(事前申込制・有料)を開催いたします。

「茶道」とか「茶会」と聞くと、「作法もわからないし、お稽古も大変そうだし」と、ついつい敬遠しがちですが、実際に体験してみると、様々な発見があります。何より、お茶の楽しみは「相手への思いやり、おもてなしの心」が基本です。今回はこどもたちを対象にお茶の基本である「おもてなしの心」をテーマにワークショップを行います。前半は講師の指導のもと、こどもたちだけでお茶会を体験し、実技を学び、おもてなしの心について考えます。後半は保護者が合流して、こどもたちが保護者のためにお菓子を出したり、抹茶を点てたりなど、前半で学んだお茶の心を実践してみます。
重要文化財の茶室「光華」の中でお茶を楽しめる貴重な体験です。ご応募をお待ちしております。
※今後の新型コロナウイルスの感染症の推移によっては、募集開始後でも延期あるいは中止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【事前申込制・有料】
開催日時 2021年11月13日(土)
・午前の部 10:30~12:30
・午後の部 13:00~15:00
申込期間 2021年10月13日(水)~10月22日(金)

対 象:小学4年生~6年生の児童とその保護者(保護者は高校生以上)2名1組
定 員:午前の部、午後の部とも5組10名(定員を超過した場合は抽選)
講 師:目黒とおりあん茶道教室 舩越宗英/河田宗愛(ともに裏千家)
場 所:東京都庭園美術館 茶室「光華」(重要文化財)

参加費:
1組1,000円 ※薄茶と菓子代を含む
参加費とは別に、美術館への入場料(展覧会入場料)が必要です。

※児童は入場無料です。

※美術館は現在、日時指定の事前予約制としていますが、ワークショップ参加者は事前予約チケットを購入する必要はありません。当日チケット売り場にお越しください。

【当日の流れ(予定)】
・茶室「光華」の立礼席に集合
・茶室広間でこどもたちだけでお茶体験と実技 60分
 ※保護者は別室で茶室や茶会、旧朝香宮邸のことなどについて、美術館職員が説明いたします(参加任意)。
・休憩 15分
・保護者が茶室に合流して、こどもたちによるおもてなし茶会 45分

申込方法:
受付を終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
当日の持ち物:
とくに必要ありません。
注意事項:
・お申し込み後、お時間の変更はできません。
・参加者は、靴下の着用をお願いいたします。
・アクセサリー類は外してご参加ください。
・下記の【新型コロナウイルス感染症対策について】をお読みください。

【新型コロナウイルス感染症対策について】
ワークショップに参加される方は、以下の点についてご協力をお願いいたします。
・当日体調のすぐれない方は、参加をお見送りください。
・美術館の入口で検温をさせていただきます。(37.5℃以上の方は入館できませんので、あらかじめご了承ください)
・手指の消毒の励行をお願いいたします。
・参加者は、喫茶時以外は、必ずマスクの着用をお願いいたします。
・喫茶時にマスクを外す際は、会話はお控えください。
・その他、美術館の諸注意、指示に従っていただきますよう、お願いいたします。

    講師紹介

  • 舩越宗英(ふなこし そうえい)

    裏千家教授

    1969年生まれ。京都外国語大学を卒業後、大手小売会社に就職。就業中、もてなしについて深く身につけたいと考え、茶道稽古を始めた。裏千家学園茶道専門学校茶道科へ入学。講義の中で、「武士道は人にいかに死ぬべきかを教えた。茶道は人に生きる道を教えた」の岡倉天心の言葉に感銘を受け、茶道家として生きることを決めた。卒業後、業躰部にて6年間内弟子修行の後、東京都目黒にて『目黒とうりあん茶道教室』を妻と共に主催。

    平成28年 裏千家青年部会員特別表彰受賞

    平成30年 裏千家淡交会育成功労者表彰受賞

    令和  2年 裏千家淡交会育成功労者表彰受賞

  • 河田宗愛(かわだ そうあい)

    裏千家教授

    小学校時代はアメリカ、中学校時代は香港で過ごす。フェリス女学院大学卒業後、外資系証券会社に勤務。その後、京都裏千家学園茶道専門学校茶道科3年コース入学。卒業後、研究科6ヶ月コース修了。令和元年12月裏千家教授拝受、夫と共に一碗から得られる平和の心を伝える茶道教室指導者の道を歩み続ける。バイリンガル且つ子育ての経験から外国人向け、子供向けのクラスにも定評がある。

    平成28年 裏千家青年部会員特別表彰受賞

お問合せ先
東京都庭園美術館 事業係 茶会担当
Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228
E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp

PAGE TOP