トップ開催予定の展覧会 < 20世紀のポスター[図像と文字の風景]―ビジュアルコミュニケーションは可能か?
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
20世紀のポスター[図像と文字の風景]―ビジュアルコミュニケーションは可能か?

1910~20年代のヨーロッパで生じ、芸術・デザインに革新をもたらした“構成主義”は、特にビジュアルデザインの領域において、図像と文字を幾何学的・抽象的な融和のもとに構成しようとする特徴的な表現様式をもたらしました。エル・リシツキー、ヤン・チヒョルト、マックス・ビル、ヨゼフ・ミューラー゠ブロックマンなど、数々のアーティスト/デザイナーが時代を超えて共有したこの様式は、広くビジュアルデザインの可能性を拡張する試みとして発展を重ね、今日のビジュアルデザインの基盤を形成します。本展は、この潮流のもとに世に送り出され、時代を彩った“構成的ポスター”が、20世紀を通じて織りなした図像と文字の風景を、竹尾ポスターコレクション(多摩美術大学寄託)により辿るものです。展示される個々のポスターが示す鮮やかな創造力、そしてそれらのポスターが総体として示す歴史的な継承と発展のプロセスをお楽しみください。

展覧会基本情報

展覧会名

20世紀のポスター[図像と文字の風景]
――ビジュアルコミュニケーションは可能か?

会期

2021年1月30日(土)-4月11日(日)

会場

東京都庭園美術館(本館+新館)
東京都港区白金台5-21-9
ハローダイヤル 050-5541-8600

休館日

2月10日・24日、3月10日・24日、4月5日
※2021年4月より、休館日が毎週月曜日に変更となります。

開館時間

10:00–18:00
*入館は閉館の30分前まで

観覧料

  当日 団体
一般 当日1100円 団体880円
大学生(専修・各種専門学校含む) 当日880円 団体700円
中学生・高校生 当日550円 団体440円
65歳以上 当日550円 団体440円

団体は20名以上
小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料
教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
 シルバーデーは当面中止いたします

 

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
日本経済新聞社

企画協力

多摩美術大学

特別協力

株式会社竹尾

後援

在日スイス大使館
スイス大使館

年間協賛

戸田建設株式会社
ブルームバーグ・エル・ピー Bloomberg

関連企画&プログラム

  • 会期中に開催されるプログラムは随時追加される予定です。詳細は決まり次第こちらのページでお知らせいたします。

  • image
    1
  • image
    2
  • image
    3
  • image
    4
  • image
    5
  • image
    6
  • image
    7
  • image
    8
  • image
    9
  • image
    10

1. ヤン・チヒョルト《構成主義者展/バーゼル芸術堂》 1937年 ⓒTschichold family
2. エミール・ルーダー《マックス・ベックマン展/バーゼル芸術堂》 1956年 ⓒEmil Ruder
3. メアリー・ヴィエイラ《パン・アメリカ航空のダグラスDC7C機でブラジルから世界へ》 1957年 ⓒIsisuf - Archivio Mary Vieira, Milano. All rights reserved.
4. ウォルフガング・ワインガルト《スイス・ポスター/ビルクホイザー出版社》 1983年 ⓒWolfgang Weingart
5. スコロス゠ウェデル《SBKエンターテイメントワールド》 1987年頃 ⓒSkolos-Wedell
6. ジャン゠ブノワ・レヴィ《マルクトブラット/無料新聞広告スペース》 1989年 ⓒJean-Benoit Levy ( AGI / AIGA ), Studio A N D ( www.and.ch ), Photo : Alexandre Genoud
7. エイプリル・グレイマン《カリフォルニア芸術大学》 1977年 ⓒJAYME ODGERS / APRIL GREIMAN
8. オイゲン・エーマン《ドイツ・グラフィック展/チューリッヒ・ウォルフスバーク美術サロン》 1921年
9. テオ・バルマー《写真100年展/バーゼル工芸美術館》 1928年
10. エル・リシツキー《ソヴィエト連邦展/チューリッヒ工芸美術館》 1929年

PAGE TOP