トップ これまでの展覧会 < こどもとファッション
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し

こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し
2016年7月16日(土)–8月31日(水)

会場:東京都庭園美術館(本館・新館)



「こどもらしさ」は、こどもが作ったわけじゃない

こどもがどんな服を着ているのかは、それを与える大人たちが「こども」という存在をどう認識しているのかを反映しています。一人前になるまでの過渡期と捉えているのか、大人とは異なる特性をもつ存在として愛すのか――。小さな体を包む服装からは、その時代・その社会に求められた「こどもらしさ」が伝わってくるのです。
消耗が激しく、良い状態で保存されている資料の少ないこども服ですが、本展では西洋の18世紀から20世紀初頭にかけての貴重な例と、明治以降の日本の洋装こども服を展示。その他、絵画、ファッションプレート、絵本、写真など150点余りからこどもの装いの変遷をたどります。オートクチュールの作品などによる作り手側の歴史とは異なる、着る人着せる人の心を読み解くファッション史です。

展覧会基本情報

会期:

2016年7月16日(土)–8月31日(水)

会場:

東京都庭園美術館(本館・新館)

休館日:

第2・第4水曜日(7/27、8/10、8/24)

開館時間:

10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
*8/5、8/6、8/12、8/13の4日間は、夜間開館21:00まで(入館は20:30まで)

観覧料:

一般:1,100(880)円
大学生(専修・各種専門学校含む):880(700)円
中・高校生・65歳以上:550(440)円

( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
前売り券e+(イープラス) http://eplus.jpチケットぴあ(Pコード:767-426)にて販売いたします。
※「こどもとファッション」展の前売り券はe+(イープラス)でのみ販売中です。

こどもと一緒にお出かけ情報

*館内にはオムツ替えのできるだれでもトイレ、授乳室、お子様と塗り絵などをして遊べるウェルカムルームがあります。

*作品保護及び建物維持管理のため、館内でのベビーカー使用はご遠慮いただいております。

 

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、
読売新聞社、美術館連絡協議会

協賛:

ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

年間協賛:

戸田建設株式会社



展覧会期間中のプログラム

今後も新しいプログラムが決定次第、情報をアップしていきます。


  • こちらのイベントは終了しました。

    みんなで作るギャラリー・カンバセーション
    「『こども』を哲学する」

    [事前申込制・各回定員30名]
    2016年7月29日(金)、8月8日(月)
    各日14:00−17:00

    ファシリテーター:土屋陽介(立教大学講師)、
    神戸和佳子(東京大学)

  • こちらのイベントは終了しました。

    「こどもとファッション」ギャラリートーク

    [入館者対象・無料・事前申込不要]
    2016年8月5日(金)、12日(金)
    両日19:00−19:40
    2016年8月19日(金)、26日(金)
    両日11:00−11:40
    会場:展示室内

    トーカー:八巻香澄(本展担当学芸員)

  • こちらのイベントは終了しました。

    講演会「子どもは愛されたのか?ヨーロッパの子ども服の歴史」

    [入館者対象・無料・事前申込不要]
    2016年7月23日(土) 14:00−15:30
    会場:新館ギャラリー2

    講師:能澤慧子(東京家政大学教授、本展監修者)

    *車椅子をご利用の方はスペース確保のため、事前にご連絡ください。

    *本講演会では託児サービスを予定しております。(有料)
    詳細は5月中旬にお知らせいたします。

  • こちらのイベントは終了しました。

    「あかちゃんとおさんぽ」

    [事前申込制・定員3組]
    2016年7月24日(日)
    10:30-11:30 (集合10:20)

    講師:杉浦幸子(武蔵野美術大学 芸術文化学科教授)

主な出品作品

  • 『ギャルリー・デ・モード・エ・コスチューム・フランセ』

    ピエール=トマ・ルクレール原画、デュパン版刻
    Plate 146 ポーランド風後ろ開きのドレスを着た少女とスケルトン・スーツの少年たち
    1781年 エッチング、手彩色、紙 個人蔵(石山彰氏旧蔵)

    パリで発行されたファッション・プレート。この時代の成人男性はキュロット(半ズボン)を穿いているのだが、男児は長ズボンとジャケットをボタンでつないだスケルトン・スーツという少年特有の服装をしている。それに対して女児は、同時代の成人女性のドレスと髪形をそのまま縮小した装いである。男児のほうが女児よりも長いこども時代を認められていたことを物語っている。

  • 女児用ワンピース・ドレス

    1810年頃
    高い位置にウエストラインのある綿のワンピース・ドレス。パフ・スリーブと胸元に赤糸手刺繍の透かし模様とスカラップ(貝殻型の縁飾り)。英国製
    安藤禧枝氏蔵

    ウエストを締め付けない白や淡色の薄手の綿織物のドレスは19世紀初頭に流行し、女児も成人女性も着用した。もともとはごく幼い乳幼児が着ていたドレスを少女期まで着用するようになったのが、後に成人女性も着用するようになった。こども服は基本的に成人の服装の縮尺版であったのだが、シュミーズ風ドレスに関しては、こども服のあり方が成人の服に影響を及ぼした例と言えよう。

  • 男児用スリーピース・アンサンブル

    1850-1860年代
    金属製のボタンと青色ウール地のアップリケのあるストライプ柄ウール地のドレス。白色綿シャツとパンタルーンのスリーピース・アンサンブル。英国製
    藤田真理子氏蔵

    男児も女児もこうしたドレスを着用していた。ドレスを脱いでズボンを履くようになることは、男児の成長過程における重要な通過儀礼であった。その年齢は、19世紀半ばには4~8歳頃であったとされる。男児がドレスを着る習慣は、20世紀初頭まで続いた。

  • 児島虎次郎《登校》

    1906年(明治39年)
    油彩、キャンバス
    高梁市成羽美術館蔵

    明治時代初頭に新しい国家を担う人材育成のための義務教育制度が整えられると、それまで地域共同体の中で生活していたこどもたちは、学校制度の中で教育される「児童」となった。児童にふさわしい装いとして、こどもの活動を妨げず洗濯が容易な洋装が推奨されたが、洋服製作の技術は普及しておらず、エプロンや帽子、手袋といった洋装小物を取り入れることがこども達の洋装化の第一歩であった。

  • ポスター「東京菓子株式会社」

    1917-1924年頃(大正6-13年頃)
    オフセット、紙
    京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵(AN.3723)

    大正期には都市に暮らす新興中間層をターゲットとした、玩具、衣服、食品、本や雑誌などの分野でこどものためのマーケットが生まれてくる。こどもの洋装化も着実に進み、昭和初期にはほとんどのこどもが洋服を着るようになっていった。

ページ上部:女児用ワンピース・ドレス、ケープ 1855-1865年頃 東京家政大学服装史研究室蔵
『ジュルナル・デ・ドゥモワゼル』より(部分) 1864年 個人蔵(石山彰氏旧蔵)

PAGE TOP