トップこれまでの展覧会 < アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015 + ART DECO COLLECTORS
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
アール・デコの邸宅美術館

アール・デコの邸宅美術館
建築をみる2015 + ART DECO COLLECTORS

2015年7月18日(土)−9月23日(水・祝)

会場:東京都庭園美術館(本館・新館)



東京都庭園美術館では建物公開事業の一環として「アール・デコの邸宅美術館」展を開催いたします。本展は旧朝香宮邸そのものを鑑賞する「建築をみる2015」とコレクターたちが収集したアール・デコの名品による「ARTアール DECOデコ COLLECTORSコレクターズ」の2つの企画によって構成されています。
当館は、1933年に竣工したアール・デコ様式の建築を活用し、美術館として現在に至ります。その造形的な美しさは国内外の専門家から高い評価を受けており、このたび国の重要文化財の答申が出されました。「建築をみる2015」では、当館所蔵のオリジナルの家具や調度品等を用いて、本来の邸宅としての空間の再現を試みます。また、同時開催の「ARTDECOCOLLECTORS」では、アール・デコに魅せられた国内個人コレクターたちに焦点を当て、ポスター、ポショワール、ガラス、銀器、彫刻、家具等多分野に渡る特徴あるコレクションをご紹介いたします。
本展は、当館の建築とアール・デコに対する理解を深め、旧朝香宮邸を後世へとつないでいく一助となることを期待するものです。

旧朝香宮邸の重要文化財指定について
2015年5月15日(金)に開催された文化審議会文化財分科会の答申により、旧朝香宮邸は重要文化財(建造物)に指定されることとなりました。この建物は、朝香宮家の本邸として1933年に竣工した建築であり、戦後は外相公邸や、迎賓館として使用され、1983年に美術館として公開され現在に至っています。竣工から80余年が経った今も大きな改変が加えられることなく当時の姿を保っており、宮内省内匠寮による邸宅建築の頂点のひとつとして意匠的に優れている点などが高く評価されました。
重要文化財※重要文化財とは・・・
建造物、美術工芸品、彫刻、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料などの有形の文化的所産で、我が国にとって歴史上、芸術上、学術上価値の高いものを総称して「有形文化財」と呼ぶ。有形文化財のうち、重要なものを文化財保護法に基づき国が「重要文化財」に指定して保護を図っている。
なお、旧朝香宮邸は昭和期に建設された鉄筋コンクリート造りの住居建築で4件目の指定となる。(文化庁 国指定文化財等データベース調べ)
指定部分
旧朝香宮邸 四棟一基 本館、茶室、倉庫、自動車庫、正門、土地

太田はるのさんインタビュー

展覧会基本情報

会期:

2015年7月18日(土)–9月23日(水・祝)

会場:

東京都庭園美術館(本館・新館)

休館日:

第2・第4水曜日 <ただし9月23日(水・祝)は開館>

開館時間:

10:00–18:00
*ただし毎週金曜日は夜間開館のため21:00まで
(入館は閉館の30分前まで。)

観覧料:

一般:800(640)円
大学生(専修・各種専門学校含む):640(510)円
中・高校生・65歳以上:400(320)円

※( )内は20名以上の団体料金及び前売り〔e+(イープラス)オンライン販売のみ〕
※小学生以下及び都内在住在学の中学生、身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方1名は無料
※教育活動として教師の引率する都内の小・中・高校生及び教師は無料(事前申請が必要)
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
※前売り券はe+(イープラス)にてオンライン販売いたします。 http://eplus.jp

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

協力:

東京藝術大学、大倉陶園

出品協力:

イセ文化財団、大村美術館、
オールファッションアート研究所

年間協賛:

戸田建設株式会社

展覧会の見どころ

写真撮影について

  • 1.撮影可能なのは、平日のみです。混雑が予想される土日祝日は安全確保のため、撮影をご遠慮ください。
    2.撮影できるのは美術館本館内のみです。新館展示室での撮影はご遠慮ください。
    3.安全確保のため、撮影をお断りするお声掛けする場合がございます(混雑時。階段付近など)。館内スタッフの指示にしたがってください。
    4.フラッシュ・三脚・レフ板・自撮り棒のご使用は御遠慮ください。
    5.撮影は非営利目的の個人利用に限ります。
    6.個人ブログ等での写真の公表にあたって、写り込んだ他の来館者の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。

関連イベント

  • こちらのイベントは終了しました。

    ギャラリートーク
    [入館者対象・無料・事前申込不要]

    2015年7月24日(金)、8月14日(金)、8月28日(金)、9月11日(金)いずれも15:00~(約1時間程度)
    会場:東京都庭園美術館 展示室内

  • こちらのイベントは終了しました。

    ワークショップ「たてもの文様帖」
    [参加費:500円(ただし展覧会入場料が別途必要です)・事前申込制]

    2015年7月18日(土)
    1回目:10:30−13:00 2回目:15:00−17:30
    会場:本館 中3階スタジオ
    講師:下中菜穂(造形作家・もんきり研究家)

  • こちらのイベントは終了しました。

    重要文化財指定記念 講演会
    「朝香宮邸をめぐって-過去・現在・未来」(仮)
    [入館者対象・無料・事前申込制]

    2015年7月25日(土)15:00−16:30
    会場:新館ギャラリー2
    講師:藤森照信(建築史家・建築家)、米山勇(建築史家・江戸東京博物館)

    旧朝香宮邸の重要文化財指定の答申を機に、その発見から現在に至るまでの歴史について振り返ります。日本近代建築における位置づけや価値、今後の活用の展望について探ります。

  • こちらのイベントは終了しました。

    講演会「“香水塔”の謎:3D調査報告」
    [入館者対象・無料・事前申込不要]

    2015年8月21日(金)14:00−
    ※日程変更となりました。
    2015年8月29日(土)14:00−15:30

    会場:新館ギャラリー2  
    講師:東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター

    当館のシンボルともいえる“香水塔”。2011年から始まった調査研究と分解を伴う修復作業によって明らかになった構造や製法、素材。知られざる香水塔の謎に迫ります。

  • こちらのイベントは終了しました。

    トークイベント
    「“香水塔”を未来につなぐ:修復家からのメッセージ」
    [入館者対象・無料・事前申込制]

    2015年9月13日(日)15:00−16:30
    会場:本館中三階スタジオ+展示室内 
    講師:佐野智恵子(工房いにしへ)

    詳細はこちらから

ページ上部:《大客室》(松井写真館 1933年頃)
上段左から:《大客室》(松井写真館 1933年頃)、《次室》(松井写真館 1933年頃)、玄関
中段左から:大食堂、ベランダ、東京都庭園美術館 外観南面
下段左から:《コーヒー・ティーセット》 デレイド兄弟社 デザイン制作:1930年 Ise Foundation、《ラントランジジャン》 アドルフ・ムーロン・カッサンドル 1925年 Ruki Matsumoto Collection、立像《ガラテ》 ルネ・ラリック 1924年 大村美術館(角館)蔵、《衝立》 エドガー・ブラント 1920年頃 Ise Foundation

PAGE TOP