トップこれまでの展覧会 < 内藤礼 信の感情
  • twitter ツイートボタン
  • Facebook いいねボタン
内藤礼 信の感情

内藤礼 信の感情

2014年11月22日(土)–12月25日(木)
会場:東京都庭園美術館 新館ギャラリー1および本館


「地上に存在していることは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに探究を続けている現代美術作家 内藤礼の個展を開催します。
内藤礼の作品は、とても静かです。物量としてはほんのわずか、色彩も本当に微かな作品が、「場」に置かれると、そのことで「場」に息吹が吹き込まれます。この世界に常に存在しているのに、私たちが認識できずにいることを、私たちがまた感じ取れるように、内藤礼の作品はそっと手を添えてくれるのです。
この展覧会では、時間の積層や人の過ごした気配を感じる旧朝香宮邸、そして新しいホワイトキューブの展示空間の中で、内藤礼の新作の彫刻や絵画が私たちに向かって差し出されます。「見る」ということは、それはそれであると認め、信じるということ。眼差しを送ること。その時、私が見ている対象もまた、こちらに静かな眼差しを向けていることに気が付くでしょう。

展覧会基本情報

会期:

2014年11月22日(土)–12月25日(木)

会場:

東京都庭園美術館 新館ギャラリー1+本館

休館日:

毎月第2・第4水曜日(11/26、12/10)
*12/24は第4水曜日にあたりますが、特別開館いたします。

開館時間:

10:00–18:00
12月22日(月)–25日(木)は20:00まで開館
(入館は閉館の30分前まで。)

観覧料:

一般:700(560)円
大学生(専修・各種専門学校含む):560(440)円
中・高校生・65歳以上:350(280)円

ご観覧当日に限りどちらの展覧会もご覧いただけます。
( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
前売り券e+(イープラス)にてオンライン販売いたします。http://eplus.jp

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

年間協賛:

戸田建設株式会社

内藤礼 Rei Naito

  • 1961年広島県生まれ。1997年ヴェネツィア・ビエン ナーレ日本館にて《地上にひとつの場所を》を発表し 注目を集めた。恒久設置作品に《このことを》(直島・家プロジェクト きんざ、2001年)、《母型》(豊島美術館、2010年)。国内外で展覧会多数。

写真撮影について

  • 1.撮影可能なのは、平日のみです。混雑が予想される土日祝日は安全確保のため、撮影をご遠慮ください。
    2.撮影可能なのは、美術館本館内のみです。新館ギャラリー内での撮影はご遠慮ください。
    3.平日においても安全確保のため、撮影をご遠慮いただくようお声掛けする場合がございます。館内スタッフの指示にしたがってください。
    4.フラッシュ・ストロボ・三脚等はご利用になれません。
    5.モデルを使った撮影会はできません。商業撮影の場合は、事前に申請して許可が必要です。
    6.撮影の際は近くの作品や建具などに触れないようお気をつけください。

展覧会についての対談

  • 内藤礼(アーティスト)
    ×
    八巻香澄(学芸員)

     

    詳しくは>>>

関連情報

  • 内藤礼 アーティストトーク
    [入館者対象・無料]

    2014年12/20(土)15:00–
    会場:新館ギャラリー2
    定員:100名

    詳しくは>>>

  • 《地上はどんなところだったか》 特別上映
    [入館者対象・無料]

    2014年11/29(土)、12/6(土)、12/13(土)、12/20(土)
    11:00– /14:00–(上映時間:1時間43分)
    会場:新館ギャラリー2  
    定員:100名

    昨年、ごくわずかな期間ウェブマガジン「コロカル」上でのみ公開された、内藤礼の映像作品《地上はどんなところだったか》(2013年・企画製作コロカル)を上映します。本展覧会にも登場する、きぼうの方に向く《ひと》が、沖縄の村落「奥」を旅する映像作品です。
    詳しくは>>>

内藤 礼 ひと 2014 木にアクリル絵の具 Photo: Naoya Hatakeyama
〈ページ上部〉 内藤 礼 ひと 2014 木にアクリル絵の具 Photo: Naoya Hatakeyama

PAGE TOP