トップ < NEWS

2020年06月04日お知らせ

2020年度「年間パスポート」および「庭園パスポート」の発売について

東京都庭園美術館 年間パスポート2020
発売日:2020年6月1日(月)
東京都庭園美術館が2020年度に開催する展覧会と庭園に、何度でもご入場いただけるパスポートを販売いたします。ご本人だけでなく同伴の方1名様も無料でご入館が可能です。さらに、当館のミュージアムショップとレストラン、カフェの料金が5%引き(ご本人のみ・書籍を除く)になるという、たいへんお得なパスポートです。このパスで、重要文化財に指定されている本館(旧朝香宮邸)と明るく開放的な新館、そこで開催される展覧会、緑豊かな庭園、そして余韻を楽しめるレストランやカフェ、オリジナルグッズが手に入るショップなど、東京都庭園美術館を存分にお楽しみいただけます。

販売開始日:2020年6月1日(月)※限定枚数につき、なくなり次第販売を終了します。
有効期間 :2020年6月1日(月)~2021年3月31日(水)
販売価格 :3,300円(税込)■お一人様5枚以内とさせていただきます。
販売場所 :東京都庭園美術館 チケット売場(正門入ってすぐ)

パスポート有効期間中の展覧会

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ)
東京都コレクションにみる1930年代

6月1日(月)~9月27日(日)

本展は1933年に竣工した旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)の魅力を紹介する、年に1度の建物公開展です。本館で家具調度により邸宅空間を再現するとともに、新館での作品資料展示により、モダン都市・東京の姿に迫ります。朝香宮邸の建築を一つの起点とし、東京都の所蔵する絵画・写真・工芸品・文献等の多様な作品資料から、モダンの息吹を探ります。


生命の庭 8人の現代作家が見つけた小宇宙
10月17日(土)~2021年1月12日(火)

緑豊かな庭園のなかに佇む東京都庭園美術館。美術館の本館(旧朝香宮邸)は、本場フランスの装飾様式を現代に伝えるものとして重要文化財に指定されています。本展では、この「アール・デコの館」を舞台に、自然と芸術の交点を示す8名の日本の現代作家の作品を取り上げ、自然とわたしたち人間との関係を見つめます。

出展作家:青木美歌、淺井裕介、加藤泉、
     康 夏奈、小林正人、佐々木愛、
     志村信裕、山口啓介


20世紀のポスター[図像と文字の風景]
2021年1月30日(土)~4月11日(日)
【パスポート有効期間3月31日まで】

公共空間に掲出される広告・宣伝媒体であるポスターは、それぞれの時代の「夢」を表現してきました。本展では、3,200点におよぶ竹尾ポスターコレクションのなかから約100点を厳選し、20世紀のグラフィック・デザイナーたちが、ポスターを通じて様々なメッセージをいかに表現しようとしてきたかを振り返り、21世紀における表現の可能性を考察します。

※止むを得ず展覧会の会期・内容等が変更となる場合があります。
ご来館の際は、最新情報を事前に当館ホームページ等でご確認ください。

東京都庭園美術館 庭園パスポート2020
発売日:2020年6月1日
東京都庭園美術館の庭園のみをご利用いただく方々のために、「庭園パスポート」を2020年度も販売することにいたしました。庭園に何度でもご入園いただけ、ご本人だけでなく同伴の方1名様も無料でご入園が可能です。さらに、当館の正門横ミュージアムショップVERTとレストランの料金が5%引き(ご本人のみ・書籍を除く)になります。また、展覧会へのご入場を希望される場合は、ご本人に限り20%引きとなる特典も付いております。このパスポートを活用し、広い庭園内で心豊かに有意義な1日をお過ごしください。

販売開始日:2020年6月1日(月)※限定枚数につき、なくなり次第販売を終了します。
有効期間 :2020年6月1日(月)~2021年3月31日(水)
販売価格 :1,200円(税込)■お一人様5枚以内とさせていただきます。

PAGE TOP