2014年11月22日、東京都庭園美術館はリニューアルオープンします。

約3年にわたる大規模な改修工事を経て新しくなる東京都庭園美術館。
今回のリニューアルでは、東京都指定文化財である旧朝香宮邸を継承した本館の設備改修、ならびに建物保存を目的とした調査、
修復、復原を行い、そして新たに、ホワイト・キューブの展示空間が備わった新館が誕生しました。
東京を代表する美術館として、タイムレスな魅力を放つ歴史的建築を次の世代に伝え、
よりいっそう多様で分野横断的な表現の舞台となる美術館を目指します。

BACK TO 1933

創建当初の姿に近づいた旧朝香宮邸

創建当初の姿に近づいた旧朝香宮邸

1933年の建設当時、フランスのアール・デコ様式を日本でいち早く本格的に取り入れた旧朝香宮邸では、世界各地から集められた贅沢な素材を惜しみなく注ぎ、フランスのデザイナーたちが集結し華やかな空間を構成するとともに、権藤要吉率いる宮内省内匠寮技師たちによる高度な日本の技が施されました。
今回のリニューアルでは、大規模な設備の更新のほか、当時の資料を入念に調査し、ディテールにもこだわりながら、殿下居間の壁紙の復原、外壁の塗り替え、アンリ・ラパンがデザインしたセーヴル製屋内噴水器(香水塔)の修復などを行いました。1933年の白金の森にあらわれたアール・デコの館が蘇ります。

PROCESS

  • 本館外壁の改修。
  • 本館外壁の改修。
  • 大客室
  • 大客室
  • 大食堂
  • アンリ・ラパンがデザインし、セーブル製陶所で製作された「香水塔」の上部照明部分。
  • 「香水塔」の上部水盤の部分。
  • (参考画像)「香水塔」を上から覗き見た図。“うずまき”装飾の間に小さなパイプが見える。
  • 修復のために「香水塔」の取り外し作業を行った。
  • 「香水塔」の白磁の表面の修復。
  • 殿下居間
  • 殿下居間
  • 修復に出すため、クレーンで吊り上げられた正門門扉。
  • サンドブラストで正門門扉の塗装をはがしていく。

NEW SPACE

庭園美術館の可能性を拡げる“ホワイト・キューブ”が誕生

庭園美術館の可能性を拡げる
“ホワイト・キューブ”が誕生

本館に隣接する新館には、現代美術家の杉本博司氏のアドバイスのもと、新しいホワイト・キューブの展示室を設けました。アール・デコ建築の本館から、三保谷硝子製の美しいガラスのアプローチを抜けると、モダンで開放的な空間が広がります。
本館と新館、歴史的建造物と新しい空間を効果的に組み合わせることで、現代美術の展覧会や映像、音楽、パフォーミング・アーツなど、美術館における活動の可能性が拡がります。

新館が完成するまで Date:December 11,2011 - April 2,2014

CAFE & SHOP

新しいカフェとショップがオープン

新しいカフェとショップがオープン

新館には、新たなショップとカフェがオープン。美術館で楽しく充実した時間が過ごせるよう、魅力的なミュージアムショップとカフェを新設します。オリジナルグッズやオリジナルスイーツも登場。また、従来の正門横のショップもリニューアルオープンします。

GARDEN

*庭園は工事継続中です。リニューアルオープンまでもう少しお待ちください。公開日時が決まり次第おしらせいたします。

敷地面積 34,765.02㎡ 本 館 建築面積:1,048.29㎡
延床面積:2,100.47㎡
構造:RC造 地上3階・地下1階
設計者:宮内省内匠寮工務課
主要内装デザイン:アンリ・ラパン
建設:1933年
新館 建築面積:1,298.26㎡
延床面積:2,140.81㎡
構造:S造一部SRC造 地上2階・地下1階
設計・監理:東京都財務局・株式会社 久米設計
アドバイザー:杉本博司
建設:2013年