HIGHLIGHTSここからはじまる、新しいプログラム

EXHIBITIONS

アーキテクツ/1933/Shirokane
アール・デコ建築をみる

2014 年11月22日(土)―12月25日(木)
会場:本館

1920年代のパリでアール・デコに魅せられ、その建築空間を日本に再現したいと願って朝香宮夫妻が建てた邸宅が、この東京都庭園美術館の本館です。この建物の建設には、フランス人デザイナーや宮内省内匠寮の技師たち、そして漆職人や左官職人など多くの人が関わり、新しい時代の新しい表現を求め、技を競いました。
休館中に行った修復・復原作業の成果(殿下居間の壁紙の復原、「香水塔」の修復と調査など)や家具の展示によって、より竣工当時の空間を感じる展示となった旧朝香宮邸。今回の展覧会では、朝香宮邸建築に関わったアーキテクツ(設計者・技術者たち)に焦点をあて、彼らが1933年にこの白金の地で何を目指して、何を実現したのかを紹介します。彼らの目を通して、このアール・デコ建築が生まれるストーリーを追いかけます。

《正面外観》 (松井写真館/ 1933年頃)

《正面外観》 (松井写真館/ 1933年頃)

内藤礼 信の感情

2014 年11月22日(土)―12月25日(木)
会場:新館ギャラリー1+本館

じっと目を凝らし息を潜めて捉えようとする。そうして向き合ってようやく認識できたと思っても、またふとした瞬間に遠ざかって行ってしまう。でもそれは確かにそこにある――
「地上に存在していることは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに探求を続けている現代美術作家 内藤礼の個展を開催します。時間の積層や人の過ごした気配を感じる本館、そしてその先に現れる新館のホワイトキューブ空間に、内藤礼の新作が命と色を吹き込みます。

内藤礼 REI NAITO | 1961年広島県生まれ。
1997年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館にて《地上にひとつの場所を》を発表し注目を集めた。恒久設置作品に《このことを》(直島・家プロジェクト、2001年)、《母型》(豊島美術館、2010年)。国内外で展覧会多数。

  • 内藤 礼 REI NAITO  ひと human 2014 木にアクリル絵の具 acrylic on wood Photo: Naoya Hatakeyama

    内藤 礼 REI NAITO  ひと human
    2014 木にアクリル絵の具 acrylic on wood
    Photo: Naoya Hatakeyama

  • 内藤 礼 REI NAITO  ひと human 2014 木にアクリル絵の具 acrylic on wood Photo: Naoya Hatakeyama

東京都庭園美術館開館30周年記念
幻想絶佳 :アール・デコと古典主義

2015年1月17日(土)―4月7日(火)
会場:本館+新館ギャラリー1

急速にモダンに変貌してゆく都市のなかで、両大戦間期の人々は古代ギリシア・ローマを規範とした伝統的な「古典主義」にも新しい関心を向けていました。
ピカソやモーリス・ドニら、この時代の重要な画家たちが同じ1910年代に古典主義に新しい可能性を見いだしたことは偶然ではありません。博覧会のために建てられたシャイヨ宮(1937年)のようなモニュメンタルな公共建造物やイル=ド=フランス号(1927年)、ノルマンディー号(1935年)のような豪華客船に関わる建築家、画家、彫刻家、装飾美術家たちは時代に相応しい新しい古典主義のスタイルを模索し、イマジネーションの世界を表現したのです。本展ではフランスの美術館コレクションを中心とした約80点の作品から、ジャック=エミール・リュールマン(家具デザイン)、ジャン・デュパ(絵画)、ロベール・プゲオン(絵画)ら、知られざるアール・デコの世界を紹介します。幻想イマジネーションあふれる "絶佳-素晴らしい眺め"をお楽しみください。

[主な出品作家]
アントワーヌ・ブールデル(1861-1929)、モーリス・ドニ(1870-1943)、 ジャック=エミール・リュールマン(1879-1933)、ジャン・デュパ(1882-1964)、 ウジェーヌ=ロベール・プゲオン(1886-1955)ほか

  • ウジェーヌ・ロベール・プゲオン《蛇》1930年頃 Eugène-Robert POUGHEON《Le Serpent》c. 1930 © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF

    ウジェーヌ・ロベール・プゲオン《蛇》1930年頃
    Eugène-Robert POUGHEON《Le Serpent》c. 1930
    © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais /
    Arnaud Loubry / distributed by AMF

  • ジャック=エミール・リュールマン《コーナー・キャビネット》1922~1923年 Jacques-Émille RUHLMANN, Meuble《État d'angle》c.1922-1923 ©Mobilier national / Isabelle Bideau

    ジャック=エミール・リュールマン《コーナー・キャビネット》1922~1923年
    Jacques-Émille RUHLMANN, Meuble《État d'angle》c.1922-1923
    ©Mobilier national / Isabelle Bideau

NEW PROGRAMS

  • パフォーミング・プログラム

    「 TTM:IGNITION BOX 」

    "新しい何かが生まれる美術館へ"
    2015年1月17日からスタート

    東京都庭園美術館の空間を舞台に、映像、音楽、メディアアートが交差する、TOKYO発の多様なパフォーミング・アーツを紹介する新しいプログラム。
    東京、そして世界でユニークな活動を行っているスペシャリスト4人のディレクションのもと、分野横断的で、ダイナミック、実験的な表現が生まれる、いま、ここ―2015年の東京都庭園美術館(TTM)が"発火装置"(Ignition box)になります。

  • ラーニング・プログラム

    「ようこそ あなたの美術館へ」

    "もっと自由に美術館を楽しむために"
    2014年11月22日からスタート

    展覧会についてもっとよく知るための講演会やギャラリートークなどに加えて、美術館の楽しみ方を一人一人が発見する新しいラーニング・プログラム「ようこそあなたの美術館へ」がはじまります。
    これまで非公開であった1階「旧事務室」が「ウェルカムルーム」として新たに開放されます。展覧会の世界観に入っていく前の心の準備や、感想を共有するなど、どなたでもご利用いただけます。ここでは、アール・デコや建築のヴィジュアル・ブックを中心とする本のセレクションや、映像をご覧いただける他、空間をより楽しんでいただくための"ツール"も開発中です。
    旧朝香宮邸を鑑賞するためのヒントとなる造形ワークショップや、対話による鑑賞ツアーなど、誰もが庭園美術館の魅力を体感できる多彩なプログラムを展開します。

  • その他のプログラムの紹介

    「旧朝香宮邸
    東京都庭園美術館 コンサート」

    2014年11月27日(木)、12月20日(土)
    2015年2月13日(金)

    ご好評いただいていた旧朝香宮邸 東京都庭園美術館 コンサートを、リニューアル後も引き続き開催します。旧朝香宮邸の大広間など庭園美術館ならではの特別な空間のなかで、一流の演奏をご堪能いただけます。
    チケットはe+(イープラス)チケット、famiポートにて取り扱っております。

    主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、株式会社ジャパン・アーツ
    企画:朝香誠彦/協賛:株式会社ニッピコラーゲン化粧品/協力:株式会社ショコラティエ・エリカ

    プログラム詳細(PDF)