CONVERSATIONS展覧会についての対談

VOL.2 山縣 良和(ファッションデザイナー) × 関 昭郎(学芸員)

日本人として日本の古典をリサーチし、引用することはクリエイションの部分でも大事なことだと思っています。

text:住吉智恵(アートジャーナリスト) photo:浅田政志

1 2

東京都庭園美術館本館のアール・デコ様式が流行したのは20世紀初頭のこと。急速に近代化が進み、モダンに変貌してゆく都市のなかで、2つの大戦をはさんだ激動の時代を生きた人々は、古代ギリシア・ローマを規範とした伝統的な「古典主義」に新しい関心を向けた。
ピカソやモーリス・ドニなど時の前衛的な画家たちばかりでなく、モニュメンタルな公共建造物や豪華客船に関わる建築家や装飾美術家たちもまた、時代に相応しい新しい古典主義のスタイルに新しい可能性を見いだした。
本展ではフランスの美術館コレクションを中心とした約80点の作品から知られざるアール・デコの世界を紹介。幻想とイマジネーションあふれる "絶佳-素晴らしい眺め"を本館・新館の空間で展開する。
そこで、昔話や伝説といった日本の古典を見直すことから創作のインスピレーションを得ているファッションデザイナー・山縣良和さんに、本展を企画した関昭郎が話を聞いた。

関(以下S):本館の旧朝香宮邸はアンリ・ラパンの設計により1933年に建てられました。1925年にパリで、アール・デコの語源になった現代装飾美術・産業美術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Décoratifs et Industriels Modernes)–通称:アール・デコ博覧会が開かれ、そのパビリオンの1つがアンリ・ラパンが手がけた《フランス大使館》でした。賓客として招かれていた朝香宮がラパンと出会い、のちに自邸の建築を頼むことになるのはごく自然なことでしょう。ルネ・ラリックのような工芸作家と、絵画や彫刻の作家たちが、一堂に会して博覧会のパビリオンを作ったことがまず面白い。この時代には第一次世界大戦で破壊された公共的建築を建て直すために当時のアーティストたちがかり出され、それがアール・デコという1つのスタイルを生み出していったんです。さらに当時は豪華客船の時代でした。海を走る大使館と呼ばれたほど贅を尽くした内装で豪華客船が作られ、フランス趣味の装飾美術を外部に発信する役割も果たしました。本展はそんな時代に活躍していた美術家たちを紹介する展覧会なんです。
例えばウジェーヌ・ロベール・プゲオン(1886-1955)の作品《Le Serpent》は蛇が主題となっています。この絵がいつの時代に描かれたかと訊かれて1920年代と答える人はあまりいないでしょう。

山縣(以下Y):確かに現代的ですが、ちょっと不思議なシュルレアリスム的な部分もありますね。この中性的な男性は、テーラードジャケットを纏っているけど、着ているようにみえません。あえて布を崩して、昔のギリシャのトーガみたいに見せていますね。陰影のつけ方で、生地の流れを見せようとしています。

S :蛇がいるということはアダムとエヴァの失楽園の物語とも考えられます。それぞれの事物に対するアレゴリーはあるようですが、答えはわかっていません。ある種の道徳観がモチーフにはなってるとは思うけれど。

Y :謎解き感がありますね。あと、どうしてこんなに身体の線が不自然なのか(笑)

S :山縣さんのブランドwrittenafterwordsのコレクションにも、独自の物語を紡いで、そこから作品を作っていくというプロセスがありますね。どこか古典的な物語を思わせるようなものも多い。物語はどういったところから浮かんでくるんでしょうか?

Y :例えば、初期の頃から神様をモチーフとしてきて、さらにそれをここ数年のコレクションでアップデートしようとしています。そこにはアダムも登場します。決して中を覗かないでくださいと言われた穴があり、ある日アダムが約束を破って中を覗きこむと、動物たちが中でガッチャンガッチャンと織り機でお金を織っている。「鶴の恩返し」の現代版です。僕の作品には昔話や伝説をアップデートさせたものが多いんです。七福神から、ドラゴンボール、川久保玲さんやジョン・ガリアーノ、鶴、象、亀、蛇まで、さまざまなアイコンが登場します。アダムとイブが出会い、子どもがたくさん生まれ、洞窟の中でせっせとお金を作ってたら、ファッションの幻想を覗いてしまう。ファッションを求める旅に出て・・・というストーリーです。古典を混ぜまくってるんですね。

S :視点が飛ぶところがおもしろいですね。近視眼的でプライベートな視点と、世界は今どうなっているんだろうという意識を両方反映させて、壮大な物語、いやむしろ神話を組み立てています。
現代のクリエイションの特徴といえるのでしょうか、古典に回帰する傾向が作品の中に随所に見られます。お伽噺や伝説の引用、川久保さんやガリアーノも二世代,一世代前の「神的」な人です。常に古典は意識しているのですか?

Y :20世紀はとんでもなく急速な発展をしてきましたよね。そのスピードが速すぎて、おそらくほんの100年前までずっと時間をかけて守っていたものが、グローバル化によって一気に失なわれた。例えば、ファッションの根源ともいえる世界中の民族衣裳。何千年もかけて、その土地で作られた繊維などを使って、環境に適応しながら育まれたものだから、すごく力強い、説得力のあるものなんです。それが歴史上でいえば一瞬のうちに切り捨てられたことで歪みがおこっている。僕らが忘れていたような宝がそこにはあるはずで、日本人として日本の古典をリサーチし、引用することはクリエイションの部分でも大事なことだと思っています。

S :民族衣裳が元来もっている造形や美意識に、さらに「祈り」のような精神的な意味を見出そうとするということですね。19世紀美術から20世紀にかけて、抽象美術が登場し、意味を捨てて純粋な造形主義に向かいました。そこから再出発して、いま意味を見直す必要があるのかもしれません。

Y :機能的なところだけを言えば、西洋のファッションはもはやどこへ移動してもオケージョンやTPOに縛られない国際言語になりました。しかし、見せびらかしのブランド力ではなく、全く新しいラグジュアリーとは何だろうかと。もっとアップデートされた精神的な新しいラグジュアリーがリスペクトされる時代ではないかと思っています。それは西洋に限らず、もっといろいろな地域から生まれて来ても良いはずです。

S :アールデコの発生の精神的背景には、第一次世界大戦でなんとかフランスが勝利した歴史があります。他国の侵攻によってあらゆるものが危うく崩壊しかけた中で、当時のフランスの美術家たちは,彼ら自身のアイデンティティを古典主義的に組み立て、1つの物語を共有することで、新たに出発しようとしました。それが当時のラグジュアリーのなかで必要な要素で、そういう部分がこの展覧会で出せればと思ってるんです。

1 2
  • 対談風景 山縣良和(右)/関昭郎(左)
  • ウジェーヌ・ロベール・プゲオン《蛇》
    ウジェーヌ・ロベール・プゲオン《蛇》1930年頃 Eugène-Robert POUGHEON《Le Serpent》c. 1930 © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF
  • writtenafterwards 天空の織姫
    writtenafterwards 天空の織姫 2013