トップ < NEWS
カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

2017年09月08日お知らせ

11月18日(土)から再オープンいたします

当館はエレベーター設置工事のため4月10日(月)より全面休館しており、皆様には大変ご不便をおかけしておりましたが、11月18日(土)から再オープンすることとなりました。
再オープン後の最初の展覧会は「装飾は流転する」というタイトルで、7人の作家が「装飾」というキーワードのもと作品を展示するグループ展です。
展覧会の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/171118-180225_decoration.html
なお、再オープン後も庭園は整備工事継続につき、一部のみ公開します。

2017年09月01日お知らせ

臨時職員募集のお知らせ

東京都庭園美術館では、下記の内容で臨時職員(アルバイト)の募集を行います。希望者は内容をよくご確認のうえ、郵送または持参によりお申し込みください。

応募締切:平成29年9月19日(火)17時必着

臨時職員募集のお知らせ

2017年08月08日お知らせ

旧朝香宮邸 東京都庭園美術館コンサート2017のご案内

ご好評いただいております東京都庭園美術館コンサート2017を今年度も開催いたします。旧朝香宮邸の大広間など、庭園美術館ならではの空間で一流の演奏をご堪能ください。

※コンサートは11月中旬(予定)の再オープン後に行います。第1回目は2017年12月27日(水)となります。ただいま各回のチケットも販売中です。詳細は下記をご覧ください。

旧朝香宮邸 東京都庭園美術館コンサート2017

2017年05月29日お知らせ

「ガレの庭」展 ジャポニスム学会展覧会賞をいただきました

2016年の1月から4月にかけて当館で開催した展覧会「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」が、第5回ジャポニスム学会展覧会賞を受賞いたしました。

同賞は、ジャポニスムあるいは日本と海外との文化交流を主題にした優れた展覧会を顕彰するために2013年に創設された賞です。「ガレの庭」で紹介したエミール・ガレは、当時フランスを席巻していたジャポニスムの影響を強く受け、農商務省からの派遣でナンシーに来ていた日本画家の高島北海との交流など、日本との関わりの深い工芸家です。「ガレの庭」では、日本の美術工芸品の影響といった意味でのジャポニスムにはあまり触れていませんでしたが、日本の植物を愛し育てていたガレを通して、園芸史・植物学における日本とヨーロッパとの文化交流を紹介しました。
「ガレの庭」は東京新聞との共催による、当館と宇都宮美術館との巡回展で、美術史家の池田まゆみさんに監修していただきました。

2017年01月05日お知らせ

4月10日(月)より11月中旬まで全面休館いたします

このたび東京都庭園美術館では、バリアフリー機能強化の一環として、本館にエレベーターを設置します。この工事に伴い、本館・新館・庭園を含め、全面休館いたします。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

【休館期間】
平成29年4月10日(月)~平成29年11月中旬(予定)
※期間中は庭園を含め敷地内に入ることができません。

【工事内容】
エレベーター設置(本館)

※再オープンにつきましては決まり次第、当館ウェブサイト等にてお知らせいたします。

<問い合わせ先>
生活文化局文化振興部企画調整課 
電話03-5388-3136
公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館 
電話03-3443-0201

PAGE TOP