トップ美術館について < 旧朝香宮邸とは / 沿革

ごあいさつ

旧朝香宮邸とは

朝香宮家は久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が1906年[明治39]に創立した宮家です。鳩彦王は、陸軍大学校勤務中の1922年[大正11]から軍事研究のためフランスに留学しましたが交通事故に遭い、看病のため渡欧した允子内親王とともに、1925年[大正14]まで長期滞在することとなりました。
当時フランスは、アール・デコの全盛期で、その様式美に魅せられた朝香宮ご夫妻は、自邸の建設にあたり、フランス人芸術家アンリ・ラパンに主要な部屋の設計を依頼するなど、アール・デコの精華を積極的に取り入れました。また建築を担当した宮内省内匠寮の技師、権藤要吉も西洋の近代建築を熱心に研究し、朝香宮邸の設計に取り組みました。さらに実際の建築にあたっては、日本古来の高度な職人技が随所に発揮されました。朝香宮邸は、朝香宮ご夫妻の熱意と、日仏のデザイナー、技師、職人が総力を挙げて作り上げた芸術作品と言っても過言ではない建築物なのです。
現在は美術館として使われていますが、内部の改造は僅少で、アール・デコ様式を正確に留め、昭和初期の東京における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物として、国の重要文化財に指定されています。

沿革

1933年[昭和8年] 5月、朝香宮邸が竣工する。
1947年[昭和22年]
─1954年[昭和29年]
政府が借り受け、吉田外相・首相公邸として使用される。
1955年[昭和30年]
─1974年[昭和49年]
国賓、公賓の迎賓館[白金迎賓館]として、赤坂迎賓館開設まで使用される。
1983年[昭和58年] 10月1日、東京都庭園美術館として一般公開される。
1993年[平成5年] 3月、本館[旧朝香宮邸]が東京都指定有形文化財[建造物]第1号に指定される。
2013年[平成25年] 開館30周年を迎える。
12月、本館及び新館工事が竣工する。
2014年[平成26年] 11月、リニューアルオープン。
2015年[平成27年] 7月、本館・茶室・正門等が国の重要文化財に指定される。

 

PAGE TOP